image

1 :風吹けば名無し 2013/03/28(木) 17:31:31.18 ID:AQN3378/


「気持ちの問題もありますが、やはりいろいろな問題が徐々に出てきますよ」

 こう言うのはロッテの渡辺俊介(36)。
06年からWBCに2大会連続出場、直後のシーズンで後遺症に悩まされたとこう続ける。
「ボクは2度ともWBCを挟んで成績を落としたんですが(05年15勝4敗→06年5勝11敗、08年13勝8敗→09年3勝13敗)、その大きな要因はやっぱり指の感覚です。
普通に球は投げられるんですが、『ココ!』という時の制球が微妙に狂うんです。
シーズンが始まって(5月の)交流戦ぐらいまでその感覚が残るというか。
あくまでボクの感覚ですが、WBC球は球の中のシンが詰まっている感じで、投げるとズドンと行く感じ。
その感覚で日本のボールを投げると、指にかかってしまうというか、力が入り過ぎてしまう。
当時はWBC球に近い統一球ではなかったから余計そう感じました。
常に力を入れて投げるパワーピッチャーにはあまり影響がないかもしれませんが、変化球投手は感覚がなかなか戻らないはず。
これが細かいコントロールで勝負する投手には命取りになるはずです」


【渡辺俊が明かすWBC「後遺症」】の続きを読む